タンブルウィード
タンブルウィード、転がる雑草。目立たなくても前進する雑草でありたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ版マギ 第25夜「アリババとアラジン」 感想
雑談から始まります。今更プレイのテイルズオブハーツは、ラスボス手前のサブイベント消化中。
ジェントル系統が強い強い……そういやコイツ、グレイセスでも出ていたような。

一昨日・昨日、地上波初放送だったSP劇場版を見ました。見たくて見てなかったのですが、
緒方さんの台詞が今の日本に図星過ぎて重みがある。アクションはドラマ版の方が好みでした。ちょ、CGがw
しかし緒方さんは最後に脱走を臭わせましたし、相変わらずリバプール(掃除屋)は一枚上手だし。
リバプールはこの作品内で最強のテロリストに違いありませんねw 人間の掃除屋ですかあれは……。

完結編らしいのにまだまだ敵も残っていて続けられそうな勢い。この監督そういうの、好きですよね。
踊る大捜査線(一応完結済み)といい、最近ではサイコパスといい。「闇は際限なく深い」で終了ばかり。
まぁ、作品が面白いので私は満足なんですけどね。


―――――――――――――――――――――――――――――



本題へ。遂に最終回を迎えたアニマギ感想です。
私を原作ファンにさせてくれたのは感謝しているのですが、急いでいるのに失速具合が半端ないという。
矛盾や物語を根底から覆す改変なら、してはいけない。綺麗に終われないのなら、無理にアニメ化しない。
他にも作品を請け負い過ぎていて作画やら何やらが追いつかない場合も、最初から請け負わない。
こういう事を全部満たしてしまっているのが、失敗の原因でしょうね。間違いなく。

原作はアニメ化効果も功を奏して900万部突破だそうですね。単行本が半分の「進撃の巨人」と同じ。
さ、さすがやわぁ……ネームバリューも敵わんわぁ……4月4日から見ますわぁ。
一応言っておきますが、私はマギ原作は読み続けるので感想記事は続いていきますよ。




で、先週のラストにてオリジナル展開によりアリババ君が闇堕ち。黒光りするGに変身。
ドゥニヤの全身魔装まんまじゃねぇか! ってツッコミはしてはいけないようです。
(本誌でもアリババ全身魔装まだ披露してないですからねw)

シンドリア方面。空飛ぶ変態じじぃ(アポロニウス)VSヤムライハ。
出ました!! 紳士が待望していたヤムさんのサービスシーン!! さすがじじぃ変態!! GJ!!
極大魔法「フラーシュ・アルアラーフ」を放ちますが、ヤムさんのミラーコート発動。
実際は鏡で光を反射して焼き倒すのですが、アニメではイイ所はスパルトスが持っていきましたw

中高生ホイホイ
おいおい、ヤムさんのサービスシーンを求めてこのブログに来る奴多過ぎだろw
持ってけ紳士の諸君! ごめんな、何を検索して来るかは管理人には筒抜けなんだぜ★
おっとヤムさんに謎の光が……。さすが天才魔導師! サービス欠かさずガードは堅い。


ドラコーン将軍、口から火を噴けたんですか!? 何その人外な仕様w 原作厨だが私は知らんぞその設定w

もはやサラマンダー
                  ダルシム 「ヨガファイア!」

というかジャーファルさんの活躍が少ないのは女性に対する焦らしプレイですか。
紅玉の極大魔法「水神招海(ヴァイネル・ガネッザ)」発動。ダイダルウェイブ

ヴィネア魔装・紅玉
ベニタマ 「悲哀と隔絶の精霊よ、地上を裁く大いなる激流をもたらさんことを……水神招海!!」
マギ 13 (少年サンデーコミックス)




13巻の表紙にもなっています。つまり前倒しして出してしまいました。テヘッ★


一方、ザガン内部。アリババ君VSモルさんですが、ファナリスの蹴りを素手で受け止めるアリババ君。
知ってるか? ゲームではキャラが敵になると強くなるんだぜ!!

主人公補正と敵補正を受けたアリババ君でしたが、ザガンとやはり契約していた白龍が活躍します。

モルさん、はいてる疑惑。作画ミスだと信じてる。きっとそうだ間違いない。

最初から能力使えよってツッコミもなしの方向らしいです。
とにかくこれでアラジンがソロモンの知恵を発動。そういえば“ソロモンの知恵”の説明がなかった。
他人のルフにアクセスする能力なんです。今回はアリババのルフにアラジンが入った訳ですね。


カシムさん久しぶりです。喋らないのはナイス、だがシルエットくらいの出演に抑えとけって。
アニメ第1話と最終話を被らせる演出でアッサリとアリババ改心です。尺の問題なんだぜ。
ただ、呪いが消えてはいないのでイスナーン様を倒しに行きます。

ぬるぬる動く作画に当惑しつつ、気になる名前が出てきましたね。聞き逃しそうな。
「理想郷(アルマ・トラン)」。作中に度々登場するソロモンという人物が治めた世界。
その映像の中にいるのは、3人のマギと人間の姿をしたジン達。

理想郷(アルマ・トラン)

左からザガン、パイモン、アモン
アニメでは普通の人間からジンになる様子が動いていたのでわかりやすかったです。皮膚は肌色。


アニメ派にとっちゃワケワカメ過ぎる伏線ですよねw イスナーン様も撃破です。
その頃、シンドバッドもどこから出てきたかわからないイスナーン様の本体と対峙。
支配と服従の精霊フォカロルに全身魔装。フォラーズ・サイカで一撃です。

フォカロル魔装・シンドバッド
さすがチートバッドさんやでぇ! つまりルフが黒だろうが白だろうが彼には関係なし。要するにチート。
マギ 12 (少年サンデーコミックス)




12巻表紙にもなっています。ごめんなさいラスボスにしか見えません……。


イスナーンが何かに驚いていましたが、あれはシンドバッドが既に半分堕転しているのです。
専門用語を使わずに言うと、半分闇堕ちしている。ラスボスと噂される所以でもあります。
そのくせ、シンドバッドが子供達をシンドリアの駒として引き入れるシーンは完全カットでした。
あのシーン好きだったのですが……尺ェ……。


一応は解決。寝るふりしてアリババに抱き着くモルさんマジあざとい。いいぞもっとやれ。
帰り道のシーンではザガンが安定のカットをされ、ここでも物語序盤の迷宮攻略時と被らせる演出。


これはまさかデジャヴ!?
↑ 第1話のアリアラ。
「君は海賊王になるだろう」 富、名声、力……(ry
↑本日のアラアリ。背景まで対になっているのを見る限り、このアニメの演出に罪はない。しかし。


アラジン様 「君は王になるだろう。世界を導く先導者になる」
俺 「つい数分前まで堕転してた奴に王の器があると思うか?www」

この台詞が最後に来ると思ってはいたが、やはりオリジナル展開と噛み合ってなさ過ぎで吹きます。
ここで石田ボイスでナレーションからの、OPです。急にナレーション挿入。



数話前にちょっとだけ出ていた紅炎の登場。ジュダルさんの帰国スピード早いw
シンドバッドは力を集めて「これが俺達の“運命”なのだ」……あんた怖いぜ。
続いてシェヘラザード様と玉艶BBAとモガメット学長とユナン。ユナンは石田さんかw

煌帝国第一皇子 炎帝 「錬 紅炎」
レーム帝国 最高司祭(マギ) 「シェヘラザード」
マグノシュタット 学長 「マタル・モガメット」
煌帝国 皇后 「錬 玉艶」
流浪のマギ 「ユナン」

最後に出てきたキャラクター達の簡単なネタバレをしておきますが、覚悟できている方は反転してください。
  ↓
赤髪のニーサンが「錬 紅炎」。煌帝国第一皇子で、炎帝と恐れられる。皇位継承権に最も近いが……。
3つの迷宮を攻略し、シンドバッドに次ぐ実力者。眷属4名。西征軍総督で、バルバッドも治めている。

ロリっぽい座っていた人は「シェヘラザード」。レーム帝国を200年以上導くマギ。ロリBBA。
目を開けた爺さんは「マタル・モガメット」。次の大きな舞台であるマグノシュタット国の長。
過去の経験から選民意識が強いが、魔導師だけに対する絶対的な愛を持っている。マグノシュタット学長。

一人でこちらに振り向いたのが「錬 玉艶」。白龍の実母だがアル・サーメンの幹部。白龍の復讐対象。
緑の石田ボイスは「ユナン」。モルさんの故郷・暗黒大陸の大峡谷の守り人をする謎のマギ。
この世界で最初のダンジョン(バアル)を出現させ、それをシンドバッドが世界初攻略した。



石田が謎の美青年を演じて最後に意味深な台詞を残していく……恒例なのかこれはw
ここまでこの先のキャラを出す時点で、私は勘付きましたよ―――。



舞台はマグノシュタットへ
2013年秋、第2期放送ケテーイ

キターーーーーーーーーーと言いたいが大丈夫か製作陣。もう1期のような失敗はやめてくれよ。
映画化かとも思ったが、半年あれば本誌のマグノシュタット編も終わるはずですからね。
しかし今回ばかりはストックの問題でゆっくり進めざるを得ないだろうな。

そんな訳で、半年後も感想記事は続くのでしたw 最初に言った事、前言撤回!
意外と満足できた最終回。原作そのままやれって程には凝り固まってないのか私は。

【マギ 12巻 感想】
↑今週分の漫画版の感想。とは言ってもオリジナル展開すぎて物語が追えないかも。


マギラジは26回まであるそうですが、どゆこと?

何より本誌でシンドバッドの番外編やるのが嬉しかったとか言わないの。



          ↑
冬の謝肉宴。最終日の作品。toriさんの動画、いつもクオリティ半端ないっス……。大トリだけに。
前半は静かですが、サビからの鳥肌注意。toriさんだけに。2期のキャラもいるので注意。


スポンサーサイト
ピクミン最大のホラー担当 アメボウズ考察
文字色がおかしいですって? HAHAHA★ 怖がらせにきてるのさ(爽やかな笑顔)
【ピクミン3 新・原生生物を観察してみる】  この記事の続きとなります。


考察カテゴリーでなくピクミンのカテゴリーなのは、内容的に考えての事です。
これから記事を増やしていこうと思っているピクミン関連の記事ですが、今回は怖~い雰囲気になります。
「3」を買おうと思っているピクミン初プレイ予定の方は、この記事を見てから考え直してみてくださいw


では、まずはピクミン……特にピクミン2がホラーゲーム化する元凶を紹介します。
「2」では地下洞窟があるのですが、炎や電気のギミックがあるのに抵抗のない青ピクミンでしか入れないという、入る前から大量死を予感させる恐怖の洞窟があります。その名は「水中の城」。
別名:トラウマの城こと、この洞窟のBGMがコチラ。

※ 任天堂が真面目に怖がらせに来ているBGMなので注意。






ンーンーンー……ンーンー……ンーンー……


(BGMが途中で消滅)





ヒュゥゥゥ……ドゴォドゴォ……ウ゛ル゛ル゛ル゛ア゛ァ!!

「みんなのトラウマ」に必ず挙げられる人
ロードローラーだッ!
┌(┌ ^o^)┐ホモォ   いやいや、別物ですw


明らかに手間のかかるように仕組まれた内部で、いつも通り5分程が経過した時、“奴”が来ます。
トラウマの元凶、アメボウズ出現です。
このSEが妙に恐ろしくて初見では一気に鳥肌が立ちますよね^^;


アメボウズとは、何なのでしょうか。オリマーは生物図鑑で恐怖とストレスによる集団幻覚扱いでした。
そもそも生物なのかさえ曖昧です。ローラーにピクミンが轢き殺されるので実体はあるようですが。
今回は奴の正体を考えていきます。



          ―――【幽霊説】―――

誰もが一度は考える「コイツ幽霊じゃね?」。ローラーは実体であり、上の人型が幽霊という説です。
本体が人型なのは、生前に人間だった為でしょうか。それにしては小さい気がします。
まぁ、ホコタテ星人が豆サイズなので、大きさに関してはあまり言及できませんが。
しかしあの惑星は地球である可能性が高い為、私達=アメボウズなのか……。

          ―――【水飴説】―――

水中の城にはお菓子が一杯。じゃあアメボウズの本体も水飴って事でおk?
いやいや、まさかぁ……。

          ―――【青鬼説】―――

ホラーゲームでしたっけ? 「青鬼」に登場する青鬼と似たようなポジションのアメボウズ。
ピクミンでの青といえば水、青ピクミン。じゃあ同一人物って事で(違



↑完全にアメボウズと一致。この作品は古いですが完全にホラーなので閲覧は注意。
 今ウーゴ君とか言った奴は素直に前へ出ろw

          ―――【人類への啓発説】―――

1~4階で制限時間を突破すると敵味方関係なく全てを轢き殺していくアメボウズさん。
ところが5階で紫ピクミンが手に入ると、ようやく実体化させて倒す事ができます。
ローラーを失ったアメボウズは、ただただ逃げるしかできない雑魚に成り下がります。
紫を投げると、これまでの横暴に対して許しを請うかのように土下座でうずくまりますね。
あとはピクミン側の一方的なスーパー報復タイム。正に立場逆転。

これは道具に頼らなければ何もできない人間を表したもの?
ラスボスのヘラクレスオオヨロヒグモがこれに該当すると思いますけどね。
ちなみに「1」のラスボス、ダイオウデメマダラはピクミンに対して個の強さを表すアンチテーゼだそうです。

          ―――【海坊主説】―――

おそらくアメボウズの名前の由来となった海の妖怪です。現れると海が荒れるんだとか。
こんなナリをしているそうです。妖怪なので想像図ですが。

海坊主さんチーッス!
ハ、ハゲ……!?

殴りたい、この笑顔。いずれの絵も人型なので、アメボウズの元ネタでしょうね。



謎の塊みたいな生物(?)なので、説を挙げていけばキリがないのも事実。
初見の方は突然の事態にゲキニガスプレーで固めれば倒せると勘違いしますよねw
実際にプレイしてみないと恐怖が伝わってこないかと思いますので、初見プレイ動画を貼っときます。



           ↑
有名な生主らしい塩さんの初見プレイ動画。コメントがざわざわし過ぎて恐怖を煽り立てていますw
実際にアメボウズが出現するのは9:40頃。その後は出会わないので残りは見なくても雰囲気はわかります。



          ↑
こちらはアメボウズ戦を含む「ピクミン2」ボス戦集。ボスにはゲテモノが多いんです。
ちなみにアメボウズと双璧をなすトラウマ生物、「ダマグモキャノン」。レーザー光線を放つ生物ってw


【シングルカード】遊戯王 コイツ 303-026 ノーマル【シングルカード】遊戯王 コイツ 303-026 ノーマル

遊戯王

商品詳細を見る

     ↑
遊戯王にもいたアメボウズさんw

……何で私は怖がらせにきているのに、結局はネタに走ってしまうのかorz

こんだけ書いておいて、ピクミンシリーズは全年齢対象です。
ただし“黒い任天堂”の要素がかなり含まれておりますがね。 CERE:A とか……嘘つけッ!


ピクミン3 新・原生生物を観察してみる
タイトルをすっ飛ばして恒例の雑談から。
今更プレイ中のテイルズオブハーツ、リアンハイト入手まで進みました。遂に佳境に。
そういえばカルセドニーの中の人は神谷さんで、クリードが三木さんだったんですねw

本誌のマギは今日の178夜で18巻までの話数が確保されましたね。物語の核心にも少し触れています。
177夜のサブタイが15巻収録のサブタイ「最高司祭」で被ってしまっており、単行本で修正かも。
近頃、久しぶりの再会をいい事に人前でアラアリがイチャイチャしていて実にけしからん。
いいぞもっとやれ!! スフィントス君だけ涙目w


―――――――――――――――――――――――――――



それでは記事タイトル通りの本題へ移行します。2度目のピクミン関連記事となります。
ピクミン3発売が何の予告もなく延期していましたが、そろそろ気になる人も増えてきたかと思います。
なんせWii-Uにはまだ大きなタイトルが発売されていませんからね;

訳あって長期休暇しかプレイできそうにないのですが、夏休みには発売され私もプレイできそうです。
これから更に情報も出てくるでしょうし、記事にする機会が増える事を見越してカテゴリーにしました。
右欄の「カテゴリー」に“ピクミン”追加という訳です。

今回は記事名の如く、新規登場する原生生物まとめ。今更感はほっといてくださいねw
そんな事もあり、今回は画像と映像を多く張る記事になっております。視覚に訴える方が見やすいですし。





まずは公式映像。注目は最後のタイトル画面です。なにやらピクミンが飛んでおります……。
色からして桃ピクミンと仮に名付けておきます。頭が大きくて目が青いようです。

ここで出ている新しい原生生物は以下の通り。

水晶虫
仮に水晶虫と名付けておきます。体力は低く、水晶で身を守ります。中身はキモイ。

カレハンボ
仮にカレハンボと名付けます。2で出てきたハンボの枯葉バージョン。画面がリアル過ぎて気付き難い。

トンボ(?) & イカ(?)
構造が謎なトンボと、水中にいる毒を吹き出す生物。蓮の上でバトルとか絶対ありますよねー……。
以前にオリマーは「空を飛ぶ生物が少ない」と語っていたように、空中の生物と桃ピクミンが活躍の予感。

単なるアメンボにしか見えない生物
その奥に映っているアメンボ。体の上に泡らしきものを背負っていますが、インパクトは薄い希ガス。

下ネタに事欠かないクラゲ類
2で出たマンマン系統に似るが、英語名が「メデューサ」と付き、岩ピクミンを体内に隠している。
正式名称はやはり黒い任天堂らしい名前になる予感しかしないのだが。
過去のクラゲと違って死骸が残ります。

ムカデにしては巨大すぎやしないか
ムカデにしては大きいのでアノマロカリスが元ネタなのであろうボスとなる生物。
発売前にも関わらず岩ピクミンで外殻を破壊するという攻略法が公式から出ている可哀そうな奴でもある。
動きは外殻を壊す毎に早くなるようで、ヒードランの如く壁を這いずり回ってはたまに停止する。
今回もチャレンジモードがあり、加えてボスバトルも存在します。どこのカービィだ。

アリクイチャッピー
期待を裏切らず登場した新規中型チャッピー。仮にアリクイチャッピーと名付けるが、小型は存在するのか。
この色、2で出たケチャッピーは解雇なのか。毛の部分はノーダメージなど改良すれば強くなるのに。





次はこちら。アカチャッピー類、ハンボ、サンショクシジミ(?)、クマチャッピー類、
ブタドックリが確認できる。夜も行動できる代わりに生物が常に起きているとか?

左右非対称な蟹
右手だけ肥大化したような陸上蟹。泡を出してピクミンや人間を宙に浮かせたり、ハサミで食っています。
この画像のようにカメラ機能も搭載されている為、ただ観察するだけでも楽しそうです。

自己発電なエコノミック生物
見るからにボスのような風貌の巨大生物。暗闇の中、不気味に発光している画像もあります。
レッツ、バキューム! 一度に何匹ものピクミンを捕食しています。

この2つの動画では出ていませんが、E3会場で撮影されたと思われる動画には他の生物も登場します。

どう足掻いてもマグマッグ
2で出てきたケメクジのような、それでいてウミウシにも見える軟体生物。マグマッグ
岩ピクミンは燃えます。死骸は残り、体が収縮して炎が消えます。



こんな所ですかね。ワクワクが止まらねぇ!! 岩ピクミン食って大丈夫なのかお前ら。
新しいギミックも多数登場しており、それらは動画を見るだけで理解できるはずです。
尚、2つ目の動画の最後に桃ピクミンが埋まってる状態で確認できます。同時に紫ピクミンも。
前にも書いた気がしましたが、紫&白ピクミンは登場します。
地下だけで増やせた前作。今回はどうなのでしょうか。

まだ発売日も決まっていないので、この記事で挙げた事が修正される可能性は大いにあります。
何かのインタビューで画質は更に上がってる……とあった気がします。どんだけリアルにするんだ。

ラスボスが気になって検索して頂ける方がいますが、ラスボスは新規シリーズ生物の可能性が高いです。
1がチャッピー系統、2がショイグモ系統でしたから。



これだけ書いて、買ってみようかと思ってくれたら私としても同士が増えて嬉しいのですが、
あまりピクミンのシリーズを甘く見ていると痛い目に遭いますw
前作までをやっていればわかりますが、こんな事が常に発生します。

・大量の命が一気に失われる光景を、綺麗な画質で目にする
・原生生物(敵)に気持ちの悪いものが多い
・“黒い任天堂”の要素が含まれるw
・基本的に初見殺しの連続
・トラウマ要素が多い。  例:水中の城、ダマグモキャノン


……はい。ニッコリ  これは次回予告も兼ねています。近い内にピクミンの怖い部分に焦点を当てた記事を書く予定でいます。可愛い姿と癒されるCMに乗せられて買った人が、トラウマを植え付けられる前に……。
ただ楽しい、ただ可愛いだけじゃないピクミンの真実をお知らせしますね!!

それでは次回の更新もお楽しみに。
【ピクミン最大のホラー担当 アメボウズ考察】  続きはコチラ。


ピクミン1+2セットピクミン1+2セット
(2004/07/23)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る

          ↑
何気に心臓ドッキドッキさせられるトラウマゲーのピクミン。だがそこがいい。


アニメ版マギ 第24話「堕転」 感想
まずはお知らせから。なんと明日で
「タンブルウィード」は一周年を迎えます!!
明日は更新できないので今日お知らせさせて頂きました。早いもんですねぇ……シミジミ
この一年で私の周辺環境も大きく変化しました。それでも続けてこれたのは支えてくれる方々のお陰です。
ありがとうございます。これからも偏見だらけなブログですが、読んで頂けると嬉しいです。
そしてありがとうございます。

――――――――――――――――――――――――――――――



さあ、本題に参りましょうか。アニマギ感想も残す所、今回を入れて2回となりました。
2クールなのに12巻の途中まで一気にやってしまうとわかった時はどうなるかと思いましたが、
必要そうな箇所も飛ばして、無理にでも進めれば無理でもなかったようです。

実際、アニメの評判は当然ながら良いとは言えずとも、漫画の販売促進には物凄く貢献していますね。
まぁ、私もアニメ化で知って原作派になったような一人ではあるのですが。



オリジナル展開でアル・サーメンの皆さんとシンドリア勢が戦争っぽい事に。
原作通り師匠3人が助けに来るのも熱いですが、アニメとして最後を盛り上げるには良改変ですかね。
空気だった杉田&ひろし、遂に活躍。
ちょっと待った。あの黒い飛龍みたいな敵は何者ですか。

普通の矢で一撃になる軍団
どこぞのRPGから出張してきてもらいましたw


以外とアッサリやられる上に、シンドバッドから「戦力少な過ぎワロタw」と言われる敵側。
マスルールVSズルムッド(カイリキー的なオカマ)のあの迫力は完全消滅しておりましたね。
バルバッドで見せたんだから、あの超突進と眷属器を合わせて倒せば良かったのでは。
噛ませ臭が強過ぎます……。

色違いのカイリキーは緑色
本日のグロシーンその1。アニメだとオカマである事がわかり難い。


シャルルカンVSビョルン(変態剣士)、こちらは原作に近いものの、やはり瞬殺すぎて……。
シャルの斬撃が残るのはフォラーズ・サイカ、敵の極大魔法はゼツルゼツル・ザラーム。
何語、というよりもアラビア表記に近いものらしいです。
今週中にヤムライハVSアポロニウス(空飛ぶ変態じじぃ)をやらないのは何故?

てか、シンドバッドはEDで映ってるという事は戦いますよね……? その前の件もやりますよね?



一方、迷宮ザガン内部。

ドゥニヤの極大魔法「無限剣舞陣(レアバルド)」でオーバーキルされていました。
が、ここで終わったら今週がバッドエンドの最終回な訳で。アラジンさん、見せ場ですよ!
「水鏡の蜃気楼(シャラール・サラブ)」で幻影を見せ、回避しました。

ちょっと待った(2度目)

白龍の腕が斬られた時点では現実なんだから、どうやって避けたのかワケワカメ。
そもそも白龍の腕は案の定、こうやって失うんですか。日曜5時ですよ、お茶の間の空気。
実際は蛇に噛まれるのが白龍で、腕を食い破ってイスナーン様が復活します。

手がぁぁぁ手がぁぁぁぁ!(ムスカ風)
本日のグロシーンその2。もう白龍が何の為に出てきたかわからないアニメ派。


省くと思ったドゥニヤ達の過去。「マグノシュタット」を出すと、伏線放置で終わる事に。
マグノシュタットとは次の大きな章の舞台で、漫画・本誌ともにここをやっています。
来週で打ち切るんだから、むしろ伏線こそ省けよw

あの……何で私……刺されたの(正しい疑問)
本日のグロシーンその3。イサアクが刺される記憶もありますがグロシーン多過ぎて無理。


何かとグロいシーンが多い今回。ですが、ここまで我慢してきた原作厨が堕転します。
「原作厨は泣いていい」というニコニコ実況での字幕。では私は泣きますね!

アリババ君、堕転★  \(^o^)/ヤッチマッタ

主人公が闇落ち → アニメ強制終了 → 2期なんて最初からなかった

予告でアラジンが水の中に潜っていくようなシーンがあったので、ベタベタ展開きますねコレ。
十中八九、主人公がラスボスになって助けて大団円やったやったー。

ちょっと待った(3度目)。いや、かなり待ってくれ。





……。

……原作継続中だからさ、こうなる事はわかってたさ。

……誰が見ても急いで進めてるし、だったらアニメ化するなよって話も最もですよ。

……でもアニメ化でマギを知れたから感謝するよ。それでも、さぁ。


グレートハンサムな魔装アリババ(笑)
もはや誰。 くッ、これが厨二病の究極形態かッ……。

アラジン 「アリババ君は絶対に堕転しないからこそ、僕は王の器に選んだのさ!」(アラジンの内心)
          ↓
アラジン 「僕はお兄さんのこと……そんな大した人じゃないと思うよ」(単行本2巻より)


幾らなんでもアリババの全身魔装、ダサ過ぎwww

ちょ、これドゥニヤの魔装をアリババに着せただけだろw お前ら黒いルフに紛れて着替えんなwww
イスナーン様は刺されて消えましたが、あとはグレートハンサム・アリババに全部任せたのか。いいのか。

来週へ。もう原作派ですら展開が見えない。サブタイは「アリババとアラジン」。
第1話が「アラジンとアリババ」だったので対という事ね。もうちょっと何かないんスか……?
というかイイ所はシンドバッドが持っていきそうな雰囲気。



左から杉田、空気、ひろし
まとめて出された存在が空気な方々。 製作陣 「最終回のEDはどうせ本編挿入だし詰め込んじまえ」


ザガンが「仕方ないから君でいい」的な台詞を言っていました。やはり白龍は既に契約したらしい。
だったら腕を斬られる前にザガンの力を使って戦えよ、ってツッコミは禁止のようです。

さぁ、いよいよ大爆死な事態になってきたぜぇッ!!
ホントどうすんだアニメ。もう未来が見えないよアニメ……。


【マギ 11巻 感想】
↑漫画のザガン内部、感想記事。大筋しか書いていませんが比較ならできます。

【マギ 12巻 感想】
↑シンドリア勢のシーンはこちらの序盤。後半を読む方はネタバレ覚悟で。



          ↑
完全に一致する映画ドラえもん吹き替え。キャラの元ネタが同じ「アラビアンナイト」ですからね。
特にカシムが一致し過ぎている件。主人公2人のカラーリングはドラえもん由来だそうです。
綺麗なジュダルw 白龍のママは呼んじゃいけないw


「PSYCHO―PASS サイコパス」総評
昨日はTV漬け。10時からは「最高の離婚」をニコニコ実況と共に見ていました。
途中から見ていたドラマでしたが、ツッコミが追いつかないw 1話にループして大団円ですね。

来季アニメの予告が届いていますね、今更ながら。最注目は「進撃の巨人」でしょうか。
PVだけ見ると“ぬるぬる動く”どころか作画が頑張り過ぎて目が追いつかないくらいです。
これが毎週続くのはさすがに無理なんでしょうが、放送前の期待度も相まって気になります。
「銀の匙」は夏のようですね。今の所、始まったら必ず見ようと思っているのはこの辺りですかね。




さて、「最高の離婚」に続いてノイタミナ枠のアニメへ。気付けば8チャンネルばかり。
サイコパスは最初から見ていますが、ロボティクス・ノーツは途中からしか見ていません。
放送局の問題で、私の所では1時間以上遅れての放送だったので眠気が襲ってきました。

ガレージキットガン: PSYCHO-PASS ドミネーターガレージキットガン: PSYCHO-PASS ドミネーター
()
不明

商品詳細を見る

↑アマゾンにまで進出するシビュラシステム(日高のり子さん)。
「犯罪係数、140。執行対象です。執行モード、ノンリーサル・パラライザー。
 慎重に照準を合わせ、速やかに対象を排除してください」 → すみません起きますorz


最終回の感想としては……覚悟してたがスッキリしない。
22話という時点でロボノもそうでしたが無理があるのかもしれませんね。
全体的に気になる部分を箇条書きにしていきます。



【全体的】
・詳しい事は凡人にはわからんが、作画はかなり安定していた。
・世界観はよく練られている。ところがそんな近未来のディストピアを何も改革できず終い。
・マキシマムの引用厨! 私にはほとんどサッパリだったぜ!
・朱ちゃんが主人公だとばかり……朱は小説版では主人公らしいです。
・いろいろと「踊る大捜査線」っぽい。

【最終回以前】
・1クール目は世界観を理解してもらうのに大事で、何がおかしい世界なのか視聴者に伝わる。
・2クール目は世界観を理解した上で、そんな世界を憂うシステム外の人間との対峙。
・最初は視聴者も数字が全てを決める理想的な日本として見ていたかも。
・正に最終回のサブタイ「完璧な世界」。でもマキシマムによって完璧システムにも欠陥が……。
・槙島さん絶賛ダークヒーロー。
・槙島さん絶賛厨二病患者。
・槙島さん絶賛アンチテーゼ。むしろ主題かもしれないが。
・どんな職業に就くのが最適か決めてくれる世界に憧れていた時代が自分にもありました。
・でもそれで酷い目に遭ったカガリさん達。執行官なんて皆そうなのかも。
・カガリさん、死んだ描写も死体も登場せず。生きていると願いたい。
・これは良い石田を亡くした……。石田さんは今日のハリポタでトム・リドル役。
さすが宜野座さんマジ無能。最後まで無能w
・それに比べて狡噛さんマジ有能。
・上司を軽く追い抜いて朱さんも有能キャラに。無能座さんェ……。
・朱ちゃんマジ鋼メンタル。免罪体質でした。
・シビュラは意外とよく喋る。
・2クールに入ってすぐ、誰か捜査員が行方不明になったけど伏線回収せず。
・タリスマン → テラ子安www
・色相乱れる犯人 → 「なんだお前らじゃん」 → 「あぁなんだ俺か」 → 「何で俺が映っている!?」

【最終回】
・ホモホモしい。
・レズレズしい。
・無能座さん無能のまま終了。
・意外とあっけなく終了するマキシマム。あれは死んだと思うのだが、100%とも言えない。
・弾丸を一発しか入れていなかった狡噛。いや、これは朱がやったのか?
・朱だとしたら、朱はシビュラを受け入れて槙島を生きたまま捕まえようとしている……?
・「ライ麦畑でつかまえて」の主人公に似ているらしいマキシマム。最終回の舞台はその為か。
・弥生の存在価値。過去編で一話使って最終話でレズだっただけ……。
・みゆきちの無駄遣い感。
・シビュラシステムに朱さん「ぐぬぬ……」。結局シビュラ頼りなままの世界。
・で、世界は何も変わらないのかよ。という視聴者総ツッコミ。
・墓地が立体駐車場にしか見えない。
・無能座さんは義手にしたなら、もっとしっかりした描写をください。
・親父「目元なんか若い頃の俺にそっくりだ」 → 無能座さんはだから伊達メガネしてたのか。
・でも結局は親父の後を継ぐ形になった無能座。いいから活躍してくれ。
・1話に戻る無限ループ。無限ループって怖くね?
・新人は学校の猟奇殺人事件で出ていた生徒だそうです。
・朱さんが上司なら新人は朱さんより有能になっちまうぜぇ!(無能座さん涙目)

・Cパート。局長と同じ部屋にいたのは雑賀? 意味深なのに意味不明。
・狡噛さん逃亡中。そこにマキシマムの姿はないっぽい。本を読んでるのはマキシマムの影響?
・本の題名は「スワン家の方へ」。
・『正義(システム)の連鎖は終わらない』で終了。



終わって……いませんよねコレ?
伏線回収してなさ過ぎ。カガリの生死は? 逃亡した捜査員は? 槙島は? 狡噛は? シビュラは?
近い内に「映画化決定!!」フラグが凄いです。特に最後の字幕。

「で、結局なんですか」という声が聞こえる。社会のシステム壊す訳でもなく、これからも受け入れる。
そんな終わり方は釈然としない。そこが更に続編を期待させてきますよね。
しかも物凄く続編を作れる余裕を残して終わるとか。

狡噛が第二の槙島になる、という声も聴きますが、どういう事なのでしょうか。
狡噛は免罪体質ではありませんし、無能な私には理解できません……。



案外、これで終わりという考え方も……。答えは朱さんの台詞なんじゃないでしょうか。
「法が人間を守るのでなく、人間が法を守る」……これは無能な私の見解ですが。

法律は万能でない人間が、より平和な世の中を作る為に考えた努力の結晶。
法律の形態が機械であれ、どれだけ犯罪を犯しても罪として認識されない人間の脳の集合体であれ、
規律なくして整う事もできない人間には必要不可欠な法律を守っていくのが人間の使命。
このように万能でない人間が、万能でない人間の作った規律を守る。
それで世の中が平和に保たれていれば、法の正体が何であれどうでもいい。


要するに法を生かすも殺すも、人間次第。だから朱は最後にシビュラの脳に向かってこう言ったのでは。
「あんまり人間を舐めない事ね。いつかここの電源を消しに来る人が現れる」的な。


シビュラシステムの一部になった免罪体質者は、国民を審判できる神にも近い存在になれると思っていた。
ですが、システムは欠陥がありました。その欠陥を持つ人間を取り入れる事で更に神に近い存在になる。
少なくとも言えるのは、シビュラシステムは神などではなかった、という事実です。

何も「完璧な世界」にはなっていない。おそらく、シビュラの電源を消しに来る人間も、完璧な世界にする事はできない。人間が作ったシステムである以上、万能であるはずがないから。だから朱は受け入れた。
現実の私達の法律も、より優れたシビュラシステムも、完璧でない事に変わりないんですね。




「スワン家の方へ」は円環を描いているそうで、これは続編フラグの一つかもしれませんね。
釈然としないとはいえ、これだけ考察できる世界観です。続編を希望しています。
面白かった、と言える作品でした。



          ↑
1クール目ED「名前のない怪物」。EGOISTです。歌ってみた動画ですが、声が凄く似ています。
凛として時雨の「abnormalize」も好きでしたが、どれも本編の内容に合った歌詞ですよね。
名前のない怪物……シビュラシステムの一部となった人間達の事でしょう……。


夢コータス育成論 / ポケセンナゴヤ新装開店
今日はポケモンセンター(ナゴヤ)が新装開店するという事で行ってみました。
す、凄い混雑……。入場制限までかかっており、広くなった内部でもマトモに進めませんでした。
一度出てしまうと再入場できない措置が取られていたので、ごった返す中で配信を受け取ります。
金のコイキング入手。明らかに名古屋城のシャチホコ、99レベルで飴を所持。
価値のわからねぇ奴はさっさと進化させろ臭が酷いw 赤ギャラドスなんてジョウト地方に(ry

続いてデオキシス受け取り。これはブラック・ホワイトでも2でも受け取れます。
早速ユニオンルームの対戦で使って“大きなお友達”に容赦なくコメパンされてた“小さなお友達”……。
おそらく相手のポケモンが全て色違いだった事に驚いていた事でしょうorz

私も何戦かした所、半分廃人・半分純粋な心のお子さん。基本的に600族の祭。ヒャッハー
そんな中でも最近このブログで育成論を載せた夢ドリュウズが見事に活躍した対戦がありました。
19―79576―53939
「ドリュウズは型破りだ」と直前に言っておろうが! この他にもラティオスで受けようとする人も。



――――――――――――――――――――――――――――


さて、本題へ参りましょう。今日は早くて高火力な炎タイプとは一線を画す炎タイプの育成論です。
取り上げるのはコータス。 永遠の10歳もお世話になりました。
【シングルカード】遊戯王 炎を食らう大亀 MR-22 ノーマル




                         ↑  怒らせると怖いコータスさん。
遅くて堅い炎タイプというのも珍しいですよね。小手技は優秀なんです。


<コータス>  NN:ゲンブ(玄武)
【特性】シェルアーマー  【性格】図太い  【持ち物】先制の爪  【努力値】HBベース
【技】大文字/ステロ/欠伸/地割れ
【詳細】
相変わらずのフワフワな努力値。机上論ですからね。
通常特性の「白い煙」も優秀ですが、コータスには急所に当たらない夢特性の方が便利そう。
持ち物はこうなっておりますがオボンも候補。でもゴッゴップルリン→地割れ→ 相手「おい」 →うめぇ。
H極振りの時点でガブリアスの地震を余裕持って耐えてくれる物理耐久を誇ります。
特殊が気になるのであれば性格や努力値で調整。耐えてもS種族値20だから、その後はお察しください。

技構成は他にも考えられます。いっそ物理受けに特化しても機能しますね。
有用な技は以下の通り。好みにカスタマイズできますが、私の構成にも狙いがあります。

噴煙/オバヒ/大地の力/クリアスモッグ/炎の渦/エッジ/地震/大爆発
殻を破る/鉄壁/ド忘れ/鬼火/毒毒/眠る



物理型だと炎技はどうしても特殊技にせざるを得ない。物理炎技が無いからさ!
物理受けにする場合は鬼火と噴煙の選択。自主回復技は眠るしかない。童話「ウサギとカメ」逆パターン。
ミミロップ 「つまりお前に寝てる暇はないw という訳で私は寝る」

因みに殻を破っても最速91族までしか抜けない。何をしても亀はウサギより遅いらしい。寝ない限り。



で、コータスさんも過去の私の育成論(特に耐久型)で頻繁に取り上げられる戦術が可能でした。
「燃えタギる情熱のアッー型」と名付けよう!!
初見の方は右の欄の「育成論」カテゴリーから過去の記事を参照。ホモホモしいです。

「炎の渦」を覚える、唯一の耐久型なのではないでしょうか? 多分。
締め付ける、巻き付く、渦潮……過去の「アッー型」よりも過激なプレイです……。


うまく想像できない人は「根性焼きされてる」と言えばおわかり頂けるだろうか……!!
コータスさん、えげつねぇ! でもそこが好き! もっとやって(変☆態)

♀にやってもらえば“萌え”タギるかどうかは、個人の趣向による所がありますw



最後に。
私がこの技構成にしたのは、ハッサムなんかに出して交代際に強くする為です。
欠伸、ステロ、地割れ。なんとなく交代の隙を与えたら大打撃になる技のオンパレードです。
この亀、下手に背を向けては大変ですよ。


ダイカットキーカバー◎スーパーマリオブラザーズ☆ゲームキャラクターグッズ通販☆【あか甲羅】ダイカットキーカバー◎スーパーマリオブラザーズ☆ゲームキャラクターグッズ通販☆【あか甲羅】

ハセ・プロ

商品詳細を見る

        ↑
追尾するコータス。コータスで無限1UPだ!!


アニメ版マギ 第23夜「鬨の声」 感想
まずお知らせ。右欄のカウンターに注目。
15000アクセス突破!! 本当にありがとうございます。
記事を一度投稿してから画像を貼ったりする事もあって申し訳ないのですが、これは嬉しい限りです!



さて、今日もニコニコ実況を見ながらアニマギ感想です。
今回のサブタイ、読み方わかりませんよねw 私もそうでした。過去形なのはどういう意味かというと。
「ときのこえ」なのですが、数週間前の原作のサブタイだったので読み方がわかりました。
戦いの前の「かかれー!」みたいな掛け声を〝とき”というそうです。

実況でOPを「エロ画像」と呼ぶのは如何なものかw アリババの傷が痛むと「厨二病」の弾幕がw
CMでアラジンが「本当さ」と毎週言いますが、必ず“本当さ(課金)”の弾幕も流れますw



本編は今日から11巻へ。バトルだらけです。シンドリア側の戦いは最終回の盛り上げとして戦争みたいにするんですね。原作では迷宮から出た主人公組を襲いに来た敵3人を師匠3人が相手にする展開でした。
そういう訳で、まだ主人公組が迷宮内部にいる間に、前倒しして大人側の戦いが始まります。

シンドリアに現れた3人、アポロニウス・ズルムッド・ビョルンという名前です。全員、変態です。
小さいジイチャンがアポロニウス、筋肉オカマがズルムッド、ドS剣士がビョルン。
師匠(ヤムライハ・シャルルカン・ムスルール)がこの3人と戦います。盛り上げ方としては上手いかも。

アニメでは他の八人将の皆さんも戦いそうな雰囲気ですよね! 原作では戦ってすらいない……。
シンドリア側のオリジナル展開は盛り上がるだろうとして、問題はアリババ君の方ですかね。


俺の腕には魔王ベリアルの魂が(ry

アシタカ アリババ 「くッ、アザが……」    ← 厨二病。実際の設定でもアリババは患者w

主人公組(ただしモルさん除く)はバルバッドの頃からアニメでは出ていたイスナーン様と戦闘。
引き連れているのは亡国ムスタシムの王女、ドゥニヤ。そして護衛のイサアク。
磁力を操る敵側。ドゥニヤの黒磁槍(アル・カウス)と、イサアクの黒磁鎧甲(アルカウス・カウーザ)
アリババも実は進歩していましたね。

カシム「久しぶりの、俺やでッ!」
カシム 「アラジンさん、無駄に精神弱いアニメの義弟がご迷惑をおかけしています」


白龍が「実はそこで……」と言っていましたが、宝物庫に入ったという事はザガンと契約したのでしょうか。
そうすると白龍も参戦して3VS3の展開に? アニメではザガンの能力がギリギリ見れないのでその為か。
紅玉も戦うという噂まであるようですが、それをしたら自国と戦う事になるような……。




最終回に近付くにつれてオリジナルが増えていく感じの予告が出ているようですが、果たして。
最終回の予告でアリババが……ゴニョゴニョ……なんですが、それは駄目だからな!www
それをしたらアラジンがアリババを王の器として選んだ理由とか意味不明になりますがな。

紳士「おい、そういえばモルさん成分が足りねぇぞ」



あれ? 錬家の皆さんをシルエットでなく登場させるという事は、やはり2期を……。
ここで出すとアニメ派の方は「最初の二人以外は誰だよ」にしかならない気がしますけど。
マウスを重ねるとキャラクターの名前が出るはずです。特長も。

錬 紅覇(だが男だ)
言ってしまえば白龍の異父兄弟。赤いキャラの方が皇位継承権が上と考えるとわかりやすい。三男。

錬 紅明(肌荒れ)
ちなみに煌帝国の方々は名前に色に関する漢字が使われています。存在が空気な次男。

錬 紅炎(ニーサン)
ファッションセンスが死んでる長男。でも実力はシンドバッドに次ぐ強さ。




ドゥニヤが何だか大きな魔法陣を発生させていましたね。固有必殺技みたいなもんです。
「レアバルド」と言っていましたが、来週へ。オーバーキル過ぎるぜドゥニヤ様!

ドゥニヤ「先週に引き続き顔芸を……」
                         顔☆面☆崩☆壊。

実は彼女の故郷についてアリババが言っていた「マグノシュタット」が重大なんです……。
アニメじゃやらないけどなっ☆


日曜5時っていうと、どうしても再来週のED後に「映画化決定!」とか来そうでならないんですが同じ製作陣で大丈夫なのだろうかと穿ってしまう。
映画で急にクオリティが上がったら、それはそれで嬉しいような煮え切らないようなw
映画化したらシンドバッドのゼパル魔装とか解禁するんでしょうね、きっと。

来週のサブタイトルは「堕転」だそうです。おそらく公式。


【マギ 11巻 感想】
↑漫画での感想記事。シンドリア側は12巻ですが、11巻感想記事と内部リンクしてあります。




          ↑
「冬の謝肉宴」の作品。開催主である板猫さんの動画。曲名はSAOの主題歌「OVERFLY」。
僅かにネタバレ含みますが、今週にしたのは来週からオリジナル展開がどうなるかわからないので。
公式巡回済みw ラストがアニメのEDと合わせてあって、配慮の行き届いた仕様。原作絵。


夢ミロカロス&ヒンバス育成論 etc
雑談から。もはや言う必要もないのか。
テイルズオブハーツ、現在はブランジュの一件を終えて大量のサブイベントを消化中です。
マギのファンブックが今日発売。バルバッド編までだそうですが買う事はないはず。
最終回の予告がオリジナル展開だそうで、2期を作る気はないという暗喩なのだろうか……。

サイコパス21話「地の褒賞」を見ました。とっつぁん、死亡フラグ回避したのかと思いきや。
宜野座さんの無能っぷりが神々しいレベルにw 最終回でいい所を見せてくださいね。
「遅過ぎだろ!」とは、死に際にやっと父親らしい事をしやがって! って意味ですよね。泣ける。
最終回のサブタイは「完璧な世界」。何週前か、一人抜け出した捜査員はどこへ?
完璧と思われた世界の欠陥を、世界が裁けない人間で補う―――何も「完璧な世界」なんかじゃなかった……。

さて、雑談は程々に、金曜ロードショーのハリー・ポッターを見ながら本題へ。賢章せんせーーー。
白龍「エクスペクト・パトローナァァァァァム!!」


―――――――――――――――――――――――――――――――



本日の育成論は、スイクンやシャワーズに株を奪われて立場の無いヴィーナスを紹介します。
絶対零度も欠伸も願い事も先制技もない彼女には、例の如く夢特性で活路を見出します。
ミクリさんの相棒、「エメラルド」のラスボス格でもある、ミロカロス様です!! キャーミロカロスサマー

遊戯王カード 【 コダロス 】 ABPF-JP032《アブソリュート・パワーフォース》




                 コダロス「ども。え? 俺じゃない?」
307-028 SR 海竜ダイダロス【遊戯王シングルカード】




             ダイダロス「どうもミロカロスです嘘ですごめんなさい」

ライトレイ・ダイダロスさんをスルーさせて頂き、物理受け方面で考えてみます。



<ミロカロス>  NN:ヴィネア(水龍で思いつくのはマギの影響か)
【特性】メロメロボディ  【性格】図太い  【持ち物】ゴツメ  【努力値】S調整/残りHBC
【技】熱湯・凍える風・自己再生・選択肢
【詳細】
なんだか心配になる曖昧さ。Sはこご風を考慮し、準速100振りで陽気ガブリアス抜き。要・調整。
素で鉢巻ゲッキリーンを耐えたりするので、Cに多めに振るかBに振るかは個人の好みです。
直接攻撃を誘い、3割でメロメロ状態に。サファイアでエネコに苦戦した思い出ががが。
基本的にはミロカロスは♀を選びます。御三家など、♂が出やすいポケモンは何故か多い傾向がある為です。
熱湯で火傷に出来ればダメージ軽減、こご風でSを逆転させて自己再生もできます。特殊耐久は元から高い。

技の選択肢、悩みますね。候補を今回も並べておきます。


めざ炎・波乗り・眠る&寝言・毒毒・催眠術・怪しい光・光の壁・ミラコ・ドラテ・マジックコート・黒い霧
中々、小手技が揃っています。めざパならナットレイやハッサム意識の炎です。

「不思議な鱗」型なら、眠って防御を上げてから寝言で攻撃に転じる事も可能ですが、今回は夢特性。
そしてなんと言っても、ミロカロスもあのコンボが……。
意識して細長いポケモンを選んでいる訳ではありませんが、サディスティックなミロ様だったら―――。

「巻き付いてアッー型」が可能です!! 詳しくは過去の育成論をw
ジャローダとカイリューとモンジャラに続き、ミロカロスまでもがビシバシしてくれようとは。
いや、“巻きつく”は覚えますが、タイプ一致の拘束技“渦潮”も覚えます。

「洗濯しながらアッー型」
と名付けよう! 抵抗はさせない♂
ミロカロスなら毒毒の他に怪しい光もあるので、耐久型にできます。接触したらゴツメ&特性発動。
怪しい……だと……。メロメロボディ……だと……。



こうして見てみると、ミロカロスが出来る事と耐久数値はドククラゲと似ています。
奴もアッー型が可能ですw 高い特殊耐久もタイプも類似点が見られます。ミラコも習得。
相違点はアシッドボムを覚え、回復技が眠るしかない点。ミロカロスは自己再生があります。
ドククラゲの方が格闘に強く、地面に弱い。今回はガブリアス意識の育成論ですが、その為です。

用途に応じてミロとクラゲの使い分けが必要ですね。それでは育成論を終わります。




ダブル専用ですが、雨パに通常特性「すいすい」のヒンバスも採用できてしまいます。
技候補は上に挙げた中のタマゴ技。攻撃は不向きですが高いSから妨害できるのです。
タスキ安定なのに努力値はS以外には耐久しか振る所がないという無駄振り。
神秘の守り、壁、タスキミラコなど、ネタにしては相手にしたくない性能を誇ります。実は高性能魚。

ポケモンカード BW5 【 ヒンバス 】【C】 PMBW5-RN010-C 《リューノブレード》




ヒンバス 「貧相でも地味でも、無駄に飾らない方が美しい事だってあるさ。分相応の活路が誰にでもある。
      俺は、毎日コツコツ働く庶民の味方だぜ! なぁ、そこのアンタ。
      凝り固まった環境によぉ、俺と共に一泡吹かせてやろうじゃねぇの」
           ↑
※夢ニョロトノさんが隣に居てもらわないと置物と化す魚の台詞です。殴りたい、この真顔。



ハリポタ実況閲覧中。ちょ、お前らマルフォイ大好きだなw


ハリー・ポッター アートタオル ドラコ・マルフォイハリー・ポッター アートタオル ドラコ・マルフォイ

スタイルオンビデオ

商品詳細を見る

       ↑
ティトス・アレキウス マルフォイ「僕の友達にしてあげよう」
錬 白龍 ハリー 「失せろマルフォイ」


マギ 「The bravery」 & 八人将を考察
雑談から始めます。「サイコパス」もここまで見てきたからには最終回後に感想記事書くかも。
ポケモン関連では映画館でミュウツー配布。映画の内容に関係するのか、何故か〝ぼうふう”習得済み。
〝ぼうふう”なんて無くてもどうにかできてしまうのがミュウツーですけどねw レベルは100。
サイコブレイクのエフェクトを未だに見た事がない自分。


カテゴリーの通り、マギの話題に戻りましょう。今日はED「The bravery」発売日。
歌詞は著作権が云々……となりますので、調べれば正式なものが出てきますし割愛させて頂きます。
動画を転載するのも考え物ですが、消されそうなfullバージョンを。




さすがryoさん、歌詞はマギの台詞を思わせる部分も組み込んでくれてありますね。
アラジン様「どんな理由で自信をなくしたとしても、大丈夫だよ。君は勇気ある人だよ。絶対に」
……そんな事を無垢なアラジン様に言われたら、アリババのような過去を持ってなくても泣く自信がある。
アラジン様マジアラジン様。

一番の歌詞はアラジン → アリババに聞こえますよね。対して二番はカシム → アリババのようです。
作中ではヘタレなアリババを王の選定者であるアラジンが選んだものの、シンドバッドからは「何故アリババ君を選んだのか……」とか、アブマドから「絶対に認めない!」等、散々な言われようですw
しかし、アリババは決して自分の運命を恨まない。彼でこそバルバッド内乱を終結させられた。

また、私は二番の歌詞はモルジアナ → アリババの可能性もあると思っています。
モルさんやカシムに限らず、アリババが笑顔にしてきた周りの登場人物です。アラジン様、見る目あるわぁ。
最後の方の歌詞はバルバッド編でアラジン復活の際の独白そのままですよね。いい意味で。

表題曲以外の「she is my senior」と「青空」も聞きました。






※ここから先はマギの登場人物考察です。ネタバレ回避したい方はKEEP OUT推奨。



考察対象はシンドリア王国所属、葉王……じゃなくて裸王……でもなくてシンドバッド王に忠誠を誓う八人将。
普通の考察をしてもn番煎じ感が否めませんので、ちょっとマニアックな考察にしてみました。


―――八人将の皆さんがシンドバッドの仲間になった順番考察―――

年齢で何となくの判断はできますが、公式からはジャーファルが最古参だとしか明かされていません。
アニメDVD/BD特典の「シンドバッドの冒険」では、ジャーファルより先にドラコーンと会っていました。
これは物語を大高先生が書き、絵はアシスタントさんが描いたものなので、公式とします。

( 因みにドラコーンの本名はドラグル=ノル=ヘンリウス=ゴビアス=メヌディアス=パルテヌボノミアス=デゥミド=オウス=コルターノン というパルテビア軍人ですw どんだけ高貴な奴なんだよw )


漫画の112夜「道」にヒントがあります。狡くなったシンジャの会話で過去の姿が出ています。
シンドバッドが〝何も知らず世界を駆けまわっていた頃”を思い返していると思われます。
ここにシンドバッドと共に映っているのは、ジャーファル&ヒナホホ&ドラコーンの3人。
ドラコーンはこの時には既に今の姿になっていたようです。

次のヒントは113夜「呪い」から。イスナーンに呪われたシンドバッドをアラジンが心配するシーン。
大丈夫だと言うシンドバッドに、主人公組とシャルルカン&ピスティ&スパルトスは「??」の反応。
しかし次のコマでジャーファル&マスルール&ヒナホホ&ドラコーンは苦い顔で沈黙しています。
要するにこの4人はシンドバッドが半分堕転している事を知っていて、この表情をしている。
ヤムライハはどちら側なのかわかりません。

では、判明した事をまとめてみます。


【シンドバッドの冒険】
シンドバッド誕生 → ユナンを助けて迷宮へ → 第一迷宮バアル内部でドラコーン(人間の姿)と争う
→ シンドバッドがバアルに認められる → シャム・ラシュ郷からジャーファルの暗殺集団が出発
【ソース不確定】
ジャーファルが仲間になる → ヒナホホorドラコーン両方が仲間になる → マスルールが仲間になる
→ ドラコーンが現在の姿になる → 【112夜「道」の回想シーン】 → 〝パルテビアのあの時”が発生
→ シンドバッドの恋人が死亡? → シンドバッドが半分堕転する
→ 他の八人将を仲間にする → 7つの迷宮を攻略



というプロセスになります。迷宮攻略は判断材料が少ないので全員を仲間にした後かは不明。
邪推かもしれませんが、最後に攻略した迷宮「クローセル」の図がどう見てもピラミッドです。
ではエジプトがモデルのエリオハプトに出現した迷宮か。だとするとシャルルカンは最後の仲間?



……まだ本編でも明かされていないような部分が多いですね。今後に期待。

そういや今週のサンデー本誌が非常に盛り上がっていましたね!!
ムーが遂にバルバトス魔装! 狩猟と高潔の精霊だそうですね。しかも、なにこれ格好いい……。
でも下半身がアブナイ。それはスルーして、アラジンの杖が破壊されてしまいました! 黄牙の杖ェ……。
アラジンきゅん絶体絶命! という最高のタイミングで。

アリババの助太刀、キターーーーーー!!
一時休戦のようですが、さすがにもう全身魔装はできるようになってますよね? ねぇ、アリババ君……?

「魔装なんぞ使ってんじゃねええええええええ!!」とかムー団長がしてきたら恐怖。


The Bravery(初回生産限定盤)(DVD付)The Bravery(初回生産限定盤)(DVD付)
(2013/03/13)
supercell

商品詳細を見る

          ↑
サイコパスのEDといい、マギのEDといい、どうやら今季視聴アニメの主題歌はryoさんの曲ばかり。


アニメ版マギ 第22夜「炎の眷属」 感想
いきなり話がズレますが、「サイコパス」が最終局面に! あと2話でどう締めるのか。
嵐の前の静けさが何週続くんだ、と思っていましたが安心しました。OPの伏線は凄い……。

マギの話に戻りましょう。先日、OPの「瞬く星の下で」(アニメ盤)を購入してきました。
既に音楽番組では歌ったりしていますが、個人的にはカップリングの「極上ランディング」が好み。
こちらもマギの為に書き下ろされた曲ですが、結局は今の形に落ち着いたそうです。
水曜にはsupercellのED「The bravery」も発売、こちらも買う予定です。



今週は女性ファンお待ちかね、“シンドリアの狂犬”回ですよ。

マジ切れジャーファルさん
                    「なん……だと……?」

コアなファンしかわかりませんねw アニメ派の方が多いと思いますので解説を。
ピクシブにて「110夜」ショック……漫画では今日の場面が110夜、ここでウッヒョーな展開が。
ジャーファルがキレてジュダルが泣いて、煌帝国がシンドリアに宣戦布告して、更にマギが全部で4人でシンドバッドが「ソロモンの知恵」を手にしたアラジンを狙っている事が判明した。

皆でアラジンきゅん争奪戦ですねわかります。ショタコン祭だワッショイ!

この一話だけでどんだけ伏線を残したんだよ大丈夫かよ。
という原作派の反応があったんですね。アニメではシンドバッドが半分呪われていて更に怪しい。
アニメスタッフはこれを狙って先にシンドバッドに呪いを浴びせたのですね。これは上手いと思いました!

そしてこれは「シンドバッドがラスボスなんじゃね説」の始まりです。少なくともただの味方じゃない……。
最大の味方だった大人が最大の敵になるかもしれないとか胸熱。でもシンドバッドは変☆態。
いつか子供達が師匠と命を懸けて戦う可能性があると考えると……。

そもそもここは12巻であり、ザガン内部は10巻。シンドリアの場面は先にやっています。
しかし敵に襲われないようにダンジョンへ子供達を送ったオリジナル設定は良改変だと思います。


迷宮ザガンの方へ。

偽ザガン「幼女だよーじょ!!」ペロペロ
見よこの顔芸を。コイツがジンじゃなくて本当に良かったw


全体的に今日はぬるぬる動いていたと思います。やはりモルさん活躍はスタッフの活力。
眷属器「炎翼鉄鎖(アモール・セルセイラ)」!!

紳士の皆さん 「ごちそうさまです!!」
男キャラ 「モルさん、これは……!」(みえ……みえ……)


モルさんが血を吹き出すシーンは漫画ではページめくっていきなりだったので驚きましたねw
要するに、MP切れがHP切れに直結しているという事ですね。

吐血モルさん
               モルさん「顔芸……ではありません」

やはりレベルを上げて物理で殴るのが最強。これ常識。



そして最後には三木さんイスナーン率いる3人組と激突。ザガンのボスキャラ組ですが、アニメではラスボスか。
男性の騎士がイサアク、女性の方がイワーク使いのドゥニヤ・ムスタシム。
でも来週だけで決着つけないと尺が足りなくてマズイんだぜ!!

ドゥニヤ・イサアク・イスナーン
         イスナーン「顔芸してみた……のに布で見えないという罠」



師匠組がまだシンドリアに居るという事は本当に師匠の戦いは完全カットなのでしょうか……。
あの3連戦はかなり燃えたのですが、これほど急ぐのであれば最初からバルバッド編で終わらせればよかっただろうと心から思うのであった。基本的に急ぎ過ぎて誰得になってしまう。

EDはジャーファルさん。女性ファン歓喜。エンドカードは相変わらずネタ路線で偽ザガンw
あと何話なんだろうか……尺を! 尺をもっとくれ!! 半年で12巻まで行くとか無理ですよ!!

【マギ 9・10巻 感想】
↑漫画での感想記事。シンドリアの場面は12巻の方なのでネタバレが凄いです。
構わない人だけ右欄にあるマギのカテゴリーから探してくださいorz



        ↑
再び、くまさん(投稿主)。高音が綺麗すぎます。絵はとりさん、つまり合作。
もしかするとシンドリア勢は敵なのかもしれない。そんな可能性の替え歌。10人を歌い分けるとは……!
アニメ最終回に転載しようか悩みましたが、今回も十分にシンドバッドが黒いので。


夢モンジャラ育成論
もはや説明の必要もなく雑談。今週は育成論が続きました。結局、週3更新です。
ピクミン3の発売日が何の前触れもなく春→春~夏に変更されてました。心が折れますorz
テイルズオブハーツの方はようやく半分まで終了。フリーランなしのボス戦ってこんなに大変なのか。

そしてポケモン映画の予告映像第2弾が到着。




『キミはまだ本当のミュウツーを知らない』キリッ
ゲノセクト 「主役を差し置いてフォルムチェンジしやがったら、ミュウツーのモラルを疑います」

どこまでも不憫なゲノセクトさん。古参のファンさえミュウツーの方が注目を集める始末です。ゲセクトカワイソス
もう唯一王みたいな路線でいくのはどうだろうか。そこに人気は無くとも、愛はある。

――――――――――――――――――――――――――



さて、本題に入りましょう。また夢特性かよ、どうせ輝石だろ……はいそうですね。異論は認める。
モンジャラの夢特性は「再生力」。もう大体の型が見えてきた気がするがそれはきっと気の迷いです。
耐久型だろ? とか聞こえない聞こえない。聞こえたとしても聞いてない。
ここで退いたら今回の記事どうするんだぜ。だから強行突破で育成論書きます。


<モンジャラ>  NN:じゃじゃお
【特性】再生力  【持ち物】輝石  【性格】図太い  【努力値】H252B172D86
【技】リーフストーム・痺れ粉・身代わり・宿り木
【詳細】
NNはわかる人はわかるモンジャラの別名。努力値は鉢巻ガブリアスの逆鱗を2耐え調整、残りDです。
再生力なのでリフストを使っても引っ込めれば能力も体力も回復できます。ギガドレなら回復も可能。
Cに振る場合は仮想敵を決めておくと吉。痺れ粉を決めたら身代わりして痺れ待機。
機が熟したら宿り木で回復です。物理耐久は凄まじいですが、特殊耐久は並程度なので注意。

輝石で種族値はこうなります。Bは笑うしかない。笑えばいいと思うよ。グヘヘ
65/55/182/100/70/60   合計532


他にも様々な技候補があります。草タイプらしい器用な戦術ができます。

ギガドレ・めざ氷or炎・はたき落す・がむしゃら・締め付ける
光合成・根を張る・痛み分け・通せん坊・毒毒・眠り粉・パワースワップ・リフレクター・ド忘れ
晴れパで採用するならソラビ&成長。ダブルなら怒りの粉も。


他に型を考えるのであれば、過去の育成論(カイリュー/ジャローダ)でも取り上げたアノ型。
名付けて「締め付けてアッー!型」。┌(┌^o^)┐ホモォ…

技を変えるだけで、リフストを締め付けるに変更するのみ。
マヌケな顔して実はドSというこのギャップが、アナタの新境地を直接攻撃(ダイレクトアタック)!!
こうなったらもう戻れない。どんな単語にも「♂」を付けるだけでアッー!に。
宿り木の種♂ ……ほらどうした、何を考えた。健全な事にアッー!を見出したら既にアナタは末期★
リアル触手プレイ……だと……。

ドドドドドド……┌(┌^o^)┐┌(┌^o^)┐┌(┌^o^)┐┌(┌^o^)┐┌(┌^q^)┐   BL┌(^q^┐)┐


何もイケナイ単語を出した訳でもない私は、更に戦術を紹介していきます。勝手にドン引きしないで頂きたい。

リーフストーム → C2段階ダウン → パワースワップ → 相手はC2段階ダウン
キュウコンのオーバーヒートでも可能なこの戦術。これで交代したら回復なんだから鬱陶しい。



眠り粉の方が有用性あるような気がしないでもないですが、催眠系の技は使うと嫌われるのでスルー。
輝石草タイプ=どうせ眠り粉、みたいなノリに思われたくないと本能的に思ったのかもしれません。
麻痺も物理ドラゴンなどを相手にする時は使えますからね。交代際にも強いです。
草食でモグモグされる危険性と、電磁波より命中が不安なのが難点です。

めざパはナットレイ&ハッサムを警戒した炎、又は物理ドラゴンを狙って氷あたりが妥当。
実はC種族値は100も持ち合わせております。代わりにモジャンボのように物理は高くありません。
モジャンボよりもS種族値が10だけ高いので調整もいいですが、ハッサム以外に近くにいない罠。

以上で育成論を終わります。
※最後に言っておきますが私は♂であって“ホモクレェ…”な人ではありませんw
 ↑の文もネタであり中傷目的でなく、むしろ私も別に嫌いな訳ではありません★



ポケモン描けるかな?ポケモン描けるかな?
(1997/11/21)
TVサントラ、レイモンド 他

商品詳細を見る

     ↑
持ってたw モンジャラ絵描き歌、懐かしの「モジャモジャグルグル……わぁ~モンジャラDA~!!」
おそらく“じゃじゃお”がわかった人は共感して頂ける、はず。イマクニ、今頃何してるのかw
知らない人は動画サイトで「ポケモン描けるかな?」で検索。チープなCG映像が時代を感じさせます。


夢ドリュウズ育成論 etc
言わずもがな雑談から。真面目に雑談カテゴリー作れよ、という声が聞こえ……ない。多分。
記事タイトルに注目、「etc」ですから。なんて便利な言葉!

明日はマギ2期OP『瞬く星の下で』発売日です。ポルノはハガレンの『メリッサ』以来かも……。
瞬く星の下で(期間生産限定アニメ盤)瞬く星の下で(期間生産限定アニメ盤)
(2013/03/06)
ポルノグラフィティ

商品詳細を見る

通常版もあって、そちらはポルノの2人がジャケットに映っています。モルさん、見え……見え……ない。
来週にはsupercellで2クール目ED「The bravery」発売も控えているので、その時に一緒に買う予定です。
こういうアニメ盤の場合はアニメイトとか行かないと売っていませんからね。

早くも白龍の「バーカバーカお前ら皆バーカッ!」のシーンを使った動画を幾つか発見w
3分間耐久とか一部の人にはご褒美だぜ! 私もより白龍のキャラが好きになりましたw

――――――私(♂)は女性的な感性の持ち主なのだろうかと思う時がある……。
一番女性人気のジャーファルさんには特に何も感じないのが救いかもしれない……。
所詮血塗られた運命(さだめ)……。  ← (コアなジャーファル好きには大爆笑のネタw)


――――――――――――――――――――――――――――



よっしゃー本題。雑談に付いていけてねぇよ! って声が確実に聞こえますが、ここから読むべし。何様。
最近の育成論はやたら夢特性ばかりになっているのは、触れてはいけない禁忌(タブー)です。
どんな禁忌なのか近畿地方なのかは私も知りません。早く育成論を始めろ、ですねわかります。
そういえばこの間さぁ(ry


今回紹介するのは、トラアタトゲキッスと同じパーティに組み込もうかと考えて捕まえた夢ドリュウズ。
ドリュウズと言えば真っ先に思い浮かぶ「すなかき」からの全抜き性能。砂パのレギュラーメンバー。
バンギドリュだのカバドリュだのという組み合わせは、必ずと言っていい程にトップメタに挙げられます。


ドリュウズ 「バンギ先輩、今日も先発お願いします。冷凍ビームでドラゴン葬っといてくださいね」
バンギラス 「いつもイイとこ持ってきやがってコイツ……後でランドロスにチクってやる……」
ランドロス 「やべぇ他人のこと言えねぇ性能だわ俺」

バンギラス → 特殊型。砂を撒いてドラゴンをスカーフで抜いて倒す前座。謎の種族値650族。
カバルドン → ステロ撒いて欠伸して吠えて怠ける、ニート生活を送る前座その2。種族値525。
ランドロス → 物理型。威嚇で突破力を削いで次へ繋げる場合が多い前座その3。種族値600族。
ドリュウズ → 前座を踏み台にして地震していればいい主砲。実質種族値596族。


最近の悩みは、活躍の一方で確実に第6世代で弱体化orメタポケが現れる事。奢れる者も久しからず。
これがテンプレ砂パの内情ですよね。電磁波砂パだとバンギラスの台詞も変わりますが、やはり前座。

マイナー路線を行く私は通常特性を捨て、夢特性「型破り」に可能性を見出します。
THE 無☆謀。見てみろこの完膚なきまでの数字の暴力。
現環境でどうにか出来るのか……どうにかしようよ、今でしょ!!


<ドリュウズ>  NN:ツルハシ(掘削工具の一つ)
【特性】型破り  【持ち物】タスキ  【性格】陽気  【努力値】AS極振り
【技】地震・地ならし・岩雪崩・角ドリル
【詳細】
まだ育成予定の段階ながらNNは旅パのドリュウズから引用。努力値は安定の極振り。教えて偉い人!
持ち物候補としてスカーフ、ラム、珠など。スカーフなら相手のスカーフロトムも倒せます。
何故ロトムが倒せるか。型破りを活かしましょうよ! 浮遊や頑丈は無いも同然。
ロトムやシビルドンに有利になる他、受けに来たムドーなんかも頑丈を貫いてドリルが入ります。
そして何故にストーンエッジを覚えないのか。候補技の燕返しですが、ピンポイント気味。
ヘラガッサビリジをスカーフなら倒せます。地割れも候補ですが一撃必殺2つw

持ち物、それにより性格も悩みますが、何より悩むのは角ドリルor地割れの問題。
角ドリルなら先述したムドーなどを落とせる可能性が出てきます。地割れだと霊に当たります。
後出しされそうなのは前者。それに浮遊が関係なくなるので、メインウェポン無効は飛行タイプ。
安定したダメージソースの地震がある上に、地割れでは飛行相手に強硬突破もできません。
よって、両方採用するような猛者でないならば角ドリルの方が有用性は高いかと。



出した瞬間に「ドリュウズは型破りだ!」という要らぬ情報が開示されてしまうのは難点ですよね。
せっかく相手が先発で水ロトムを出してきて出し勝ちだと勘違いさせられるのに。プレッシャーも然り。
まだ運用していないので何とも言えませんが、もしかするとスルーして交代してこないかもw
オノノクスを使われた時に頑丈や浮遊のポケモンが地震で一発なんてよくある事。

私だけ?w まぁともかく、相手に悟られたか否かは難しい判断です。読み勝ったら嘲笑いしてしまう(ぉぃ
読み勝った時の爽快感を得たいのであればロトム相手でも地震で。爽快感<勝利……?
追い打ちor不意打ち、どちらにするかで読み勝ったような気持ちになれます。


夢ドリュウズならば、これで前座の皆さんがいなくても単独で戦えるようになるのです。
しかも一撃必殺のおかげで単独の突破力もかなり大きいでしょう。脱・砂パ!

バンギラス 「よぉモグラw お前ってホント俺がいなきゃ……」
夢ドリュウズ 「あぁバンギ先輩。もう結構です、あなた要りませんよw」
バンギラス 「 」


数々の前座を必要としない、ボンボンな主砲とは違った人生を歩めるようになったモグラがここに。


ディグダ 「キャラ被ってんだよ後輩が。解せぬ」



        ↑
有名な「デュラララ!!」EDパロ。どうしてこうなったのか小一時間問い詰めたい。


     ↑
更に。わかった、わかったからお願いだから、こっちみんな。


元祖モグラたたきゲーム元祖モグラたたきゲーム
(2006/12/09)
バンダイ

商品詳細を見る



アニメ版マギ 第21夜「迷宮ザガン」 感想
雑談から。またポケモンで大会があるそうですが、木の実解禁を急いでいるようにしか見えない件……。
それから、2月のように週3更新という訳には毎度はいかなくなると思います。



本題の「迷宮ザガン」感想です。生で見れるのも次はいつになる事か。
〝迷宮”をメイキュウと読むべきかダンジョンと読むべきか悩みますが、その場で答えは変わる模様。

なんだか今回は作画が良かった印象ですね。基本的にぬるぬる動いていた気がします。
内容もアニメとして戦闘もあり面白かったのですが、毎回このくらいの力を入れて欲しいものですw
今週で白龍の素の部分がわかって頂けたかと思いますw

白龍は外面的な格好良さの割に内面はまだまだ幼いようです。大高先生曰く「豆腐メンタル」
過去の記憶が伏線として出ていた通り、重い責任を一人で背負い過ぎています。さすが不憫キャラ。
アリババは相変わらずキャラがおかしくなってましたが、白龍は持ち直したようです。
あれでこそ白龍。しかし記憶の伏線はアニメじゃ回収しねぇぜ★

逆に考えてみると、回収できない伏線を省略しないというのは―――
アニメ2期、期待していいですか?
いやだってそういう事ですよね? 尺が足りなくて急いでるのに敢えて挿入したんですから、ね……?



「お前らウマそう」 → ガブッ → 「お前ら超ウマい」 → 喰われんなw
視聴者、総ツッコミの画が見えた。

「ハチミツちょうだい?」→ 「ハチミツよこせよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
ハチミツをねだる謎のクマさんキターw 今日はよくわからない所まで原作に忠実でしたね。


主人公コンビがかなり強くなっとる……モルさんは言うまでもないが……。
ここでの成長が余計に白龍を苦しめてしまっています。「オレだって頑張ってんだよ~(泣)」
泣くと口が悪くなる白龍。「ヴァーカッブァーカッ」なんて台詞まで追加される始末w
そういや白龍の一人称が〝私”になった箇所がありましたが、正しくは〝俺”のような。


モルさんはどこまでも男前。久しぶりの「イッラァ~」な表情も頂きました。ごちそうさまです!!

だが、今回一番気になったこのシーンは静止画で見るとやはり……

ミサワアリババ

誰ですかあなたは。どこかで見た事ある顔だぞお前。ん? あぁ、アイツだ。



【Amazon.co.jp限定 センパイ・後輩仲良しマフラータオル付】 カッコカワイイ宣言! こちょこちょ編 [DVD]




ミサワだった。間違いなくミサワだった。
何がおかしいのか真面目に考えてみた所、うん、やはり〝目が離れ過ぎている”。
ごめんなさい、記事冒頭で書いた作画賞賛は全言撤回でお願いしますorz



ちなみにアラジンが使っている技は「灼熱の双掌(ハルハール・インフィガール)」と言っています。
今回習得したのは「灼熱の連弾(ハルハール・ラサース)」です。ザガン内部であと2つ新技きますよ。

噛ませ犬ジュダルがここで再登場。このシーンはザガン攻略後なのですが、スタッフ急いでますね。
来週はシンドリア国内に現れたコチラの局面も同時に進めるような予告でした。彼の目的はゴニョゴニョ……。
あれ、まさか師匠の活躍が描かれないとかないですよね。ね……?


来週のタイトルは「炎の眷属」。誰の眷属かと言うとアリババさんの。
アリババの眷属と言えば、全国の紳士が待望のモルさん活躍回となります。タギルぜうおぉぉぉ!
しかし、モルさん酷い事になっちゃうから覚悟してね★


【マギ 9・10巻 感想】
↑今回の漫画での感想記事。10巻の前半部分となっております。



          ↑
全員集合で腰フリフリ。なにこれかわいい。「夏の謝肉宴」の作品。
冬が開催されたのに今更、ですがまだ転載してない動画も沢山あります。ファンの本気凄い……。


デュエルターミナルの物語
今週もサイコパスは動きが少なく……あと3話で決着が着くのか心配になってきましたよ。


さて、遊戯王関連の記事が2回連続なんて珍しい事です。これを書いたら再び間が空きそうですが。
今回は昨日ようやく買えた「マスターガイド」のデュエルターミナルのバックグラウンド(背景にある物語)について考えてみようと思っています。思っていたより壮大なのでアニメ化できるんじゃねコレ。
遊・戯・王 デュエルターミナル マスターガイド (Vジャンプスペシャルブック)遊・戯・王 デュエルターミナル マスターガイド (Vジャンプスペシャルブック)
(2013/02/26)
Vジャンプ編集部

商品詳細を見る


付録はダイガスタ・エメラル&ジェムナイト・パール。本の内容も合わせて豪華!
どうしたコナミ。付録を買うだけで1200円以上していたじゃないか(震え声)。
デュエルターミナルとはカードのガチャガチャ的なもの。解説とカードリストは省きますね。

注目は次の項目。デュエルターミナル ワールドヒストリー。
通常のパックで販売しているものと違い、これらシリーズは物語仕様となっています。
それは私も知っていましたが、今回のマスターガイドにはその始まりから終わりまで全て記されています。

―――――――――――――――――――――


最初に舞台となる星に住んでいたのは、氷結界・霞の谷(ミストバレー)・フレムベル・Xセイバー。
そこに宇宙からの侵略者「ワーム」が襲い掛かり、地上の4種族は結束して宇宙人撃退へ乗り出します。
その同盟の名を「A・O・J(アーリーオブジャスティス:正義の連合軍)」と言います。
少しでも遊戯王をやっている人ならカタストルさんがお世話になっていると思います。
遊戯王シングルカード A・O・J カタストル レア dt01-jp035




ジェネクスという種族も加え、更にXセイバーの皆さんは兵力増強して「XXセイバー(ダブルエックスセイバー)」に。
ワームも負けじとナチュルに侵攻。世界規模でドンパチします。血気盛んな住民達だ……。

霞の谷は周りを巻き込み過ぎな事に不満らしく連合を離脱。この辺りで「魔轟神」も参戦して三つ巴。
ジェネクスはレアル・ジェネクスに進化。孤軍奮闘中な霞の谷にドラグニティが助太刀します。
氷結界は太古に封印された龍を解き放ったりしてワームに対抗しています。そんな折、敵の親玉が―――。
遊戯王カード 【ワーム・ゼロ】 DTC2-JP086-SR ≪デュエルターミナルクロニクル2 混沌の章 収録カード≫




「ワーム・ゼロ」襲来。最終決戦!! A・O・Jディサイシブアームズと相打ちで解決しました。
次の相手は途中参加しやがった魔轟神。彼らは魔轟神獣を引き連れ、連合は「A・ジェネクス」開発。
ジュラックメテオが自爆特攻をしかけ、ジュラック滅亡。魔轟神もかなりのダメージ。

そんな折、氷結界が最後にして3匹目の龍を解放。暴走しながらも魔轟神を殲滅する事に成功しました。
ところが制御が利かず、三龍はエンシェントゴッドフレムベルをフルボッコしたり大暴れ。
氷結界がなんとか封印して戦争終結。この世界、ここに来てやっと平和だぜ!

氷結界の「ノエリア」さんが孤児を引き取り、三龍解放を反対していた彼女が禁術集団「リチュア」設立。
この人、実は単なるBBAでなく主人公ポジション。デッキで採用はされないけど、かなり重要キャラです。
遊戯王カード 【 リチュア・ノエリア 】 DT11-JP025-R 《デュエルターミナル-オメガの裁き》




そんな中、地上世界でもドンパチ騒ぎ。ラヴァルVSジェムナイト発生。お前ら戦闘大好きサイヤ人かよ……。
そんな姿を見てセイクリッドにより作られた、対インヴェルズ機械天使「ヴァイロン」が仲裁に。
ヴァイロン「まぁまぁ君達! 仲良くやろうぜ★」 → ラヴァル&ジェム「せやな」

そしたら今度はリチュアの皆さんが霞の谷に侵攻。インヴェルズに侵されていたノエリアから封印解除。
インヴェルズがヒャッホゥとばかりに大暴れ。しかも実験中のリチュア・エミリア死亡。おい。
皆でインヴェルズをボコろうぜ! という事でヴァイロンも手を貸して撃退。
しかし、タダじゃ転ばないのが「ヴェルズ(インヴェルズの思念?)」の方々です。
ヴェルズはヴァイロンを乗っ取って再び争いに。ノエリアさん完全に悲劇のトリガーです。
遊戯王カード 【ヴァイロン・ディシグマ[ウルトラ]】 DT12-JP038-UR 《デュエルターミナル-エクシーズ始動》




ディシグマ登場。地上種族は応戦しますが、結局最後はジェムナイト・パールが殴り勝ちました。オラァ!
問題ばかり起こしてしまうリチュアの方々。今度はラヴァルに侵攻してラヴァル全滅。
いや、唯一ラヴァルは木こりを営んでいたというフロギスさんしか残りませんでした。何してんだお前w
遊戯王カード 【ラヴァルバル・チェイン】【ノーマルレア】GS05-JP012-NR ≪ゴールドシリーズ2013 収録≫




ラヴァルの力を奪った結果がコレ。凄く値段の高いトカゲに進化しちまいやがったZE!
次はリチュアがガスタに侵攻。ジェムナイトが怒って応援に駆け付け、ダイガスタ・エメラル誕生。
ジルコニアさんがリチュアを追い払うが、ヴェルズの影が封印された三龍に忍び寄っていました―――。

ヴェルズがあらゆる生物を侵食、あの暴走三龍も闇落ちしてしまいます。もう駄目だこの星w
しかし! 希望はやってくる。救世の騎士団「セイクリッド」降臨!
セイクリッド様、もうコイツら懲らしめてやってくださいorz

対してノエリアさんはインヴェルズの親玉、インヴェルズ・グレズに支配された挙句に本体復活。
遊戯王カード 【イビリチュア・ジールギガス】【スーパー】 DT14-JP031-SR 《破滅の邪龍 ウロボロス!!》




得意の儀式も利用されとるよ! ホントノエリアさん余計な事を……というか悲劇だ……。
孤児だったアバンス君もエミリア復活を試みて失敗、化物に。この親子は、まったく……。

見かねたセイクリッド・カストルが犠牲になってエミリアさんを闇落ちから救います。さすが。
カストルはヴェルズに利用されてヴェルズ・カストルに。ノエリアは正気に戻ったのでエミリア蘇生。
よくもやってくれたな、という感じでジールギガス(インヴェルズ・グレズ)と相打ちとなり絶命。
ノエリアおばさん、最後は主人公だったぜ……。

セイクリッドにジェムナイトが救援。ポルクスとカストルが相打ちになってハワーが蘇生したりする。
セイクリッド陣営は正義のヒーローっぽく合体して、最強の龍となりました。大会を荒らしまくるこの龍。
遊戯王カード 【セイクリッド・トレミスM7】【シークレット】DS13-JPL42-SI ≪ライトニングスター 収録≫




トレミス「ったく、世話のやける地上種族どもだぜぇ!」

よっこらせ、と重い腰を上げる光の龍。これが後のレシラムである。
セイクリッド・トレミスM(メシエ)7。ジェムナイトもマスターダイヤに進化してくれます。
かつての三龍「ブリューナク」「グングニール」「トリシューラ」は完全にヴェルズ化し、敵になります。
遊戯王カード 【ヴェルズ・ウロボロス】【ウルトラ】DS13-JPD42-UR ≪ダークリターナー 収録≫




ヴェルズの最大戦力となったトリシューラ。今やその名はヴェルズ・ウロボロス。
これが後のゼクロムである。オピオンやバハムートは何処に。
ここにセイクリッド・トレミスM7と、ヴェルズ・ウロボロスとの頂上決戦が開幕。

すると霞の谷に神風と呼ばれる現象が発生、霞の谷の祭壇に収束。中からこの星を創った張本人が登場。
遊戯王カード 【創星神 sophia】【ウルトラ】 DT14-JP029-UR 《破滅の邪龍 ウロボロス!!》



創星神ソピア、登場。あんたの子供達が戦争大好きだからこんな事になってんだよ。
この女神の目的は荒廃した世界を嘆き、全てをリセットして新しく星を創り直すというもの。
いや待て。勝手過ぎるぞお前、責任取れよwww 因みにラスボスはコイツね。

ジェムナイト・ラズリーがトレミスから分裂したセイクリッドも合わせて融合を果たし、最後の光に。
「セイクリッド・ソンブレス」誕生。彼女だけデュエリストセットで後から出てきた理由か。
今度はセイクリッド・ハワーが小さいながらヴェルズに侵されてるのに三龍と融合へ。
リチュアの皆さんがそれに協力し、最後の闇に。「ヴェルズ・ケルキオン」誕生。

戦力は二つに結集された! あとは神様に責任を取ってもらうだけです。光と闇が協力し、突撃!!
遊戯王カード 【セイクリッド・ソンブレス】【スーパー】DS13-JPL01-SR ≪ライトニングスター 収録≫




遊戯王カード 【ヴェルズ・ケルキオン】【スーパー】DS13-JPD01-SR ≪ダークリターナー 収録≫




皆の願いを受け、ソピアを吹っ飛ばせ!!!!


【遊戯王カード】 星邪の神喰 ノーマル 《ロード・オブ・ザ・タキオンギャラクシー》 ltgy-jp067




ケルキオン「俺が止めとくからさ、お前がいい所を持ってけよ」
ソンブレス「おk。お母さん、弱点が頭のオーブとか趣味悪過ぎワロタw」 → 破壊、勝利。

ソンブレス&ケルキオン「「 私達、アダムとイヴみたいになるから。では失敬!! 」」

二人は消えて、ノエリアBBAの引き取った孤児やガスタの若者を中心に世界は復興への道を歩んだとさ。
おしまい。……お、おしまい……??


―――――――――――――――――

スッキリしねぇw エリアがこの世界に居る理由は?
というか戦争大好き集団かコイツらはw 通常のカード類との接点が不明な点も多いです。
これで本当に終わりなのだろうかと考えさせられます。ただ、神がラスボスだとそれ以上がいない。
セイクリッドがイケメソ過ぎてリチュアが悲劇過ぎましたね。ジェムナイトも大活躍。

だが壮大な物語なんだからデュエルターミナルでわざわざ展開する必要はあったのか。
これならアニメにもできそうな感じなのに―――というツッコミは無しのようです。
こんなカードの背景にしかなっていないものに繋がりや物語がある、それをやったから凄いんですね。
こんな壮大なガチャポンがあるだろうか。氷結界の龍が3匹中2匹もルールで封印されている現環境……。
きっとコナミが空気を読んだんだよ! グングニールが一匹だけ泣いてるけど!

遊戯王カード 【停戦協定】【ゴールドレア】GDB1-JP057-GR ≪THE GOLD BOX 収録≫遊戯王カード 【停戦協定】【ゴールドレア】GDB1-JP057-GR ≪THE GOLD BOX 収録≫

遊戯王 ゴールドボックス(GDB1)

商品詳細を見る

     ↑
平和が一番。 手前のおじさん「戦争ダメ、ゼッタイ★」




プロフィール

ナユタ

Author:ナユタ
ご訪問ありがとうございます!
最低でも週1更新を守っています。

趣味が共有できそうだと思ったらコメントや拍手を残してくれると非常に嬉しいです。
相互リンクも常に募集しています。

※このブログにはネットスラングが多用される場合もあります。予め御容赦ください。

【自己紹介】
一言で私を表すなら「不器用貧乏」。
ホモサピエンスの♂で成人済みです。
ネタを挟まないと死んじゃう病。
若干のケモナーでもある。



カウンター



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



ランキング

FC2Blog Ranking



ブロとも一覧



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。